スカッと
炎天下の中、庭の雑草取りを終え、
カラカラになったノドを潤そうと冷蔵庫を開けます。
牛乳のパック、ティーバックで作り置きのウーロン茶、
そして1.5リットルのコーラのボトル。
ここはコーラしか選択肢はないのですが、
ボトルの底に残った中途半端な量にいやな予感がします。
キャップを回しますが
「プシューッ」の音も聞かぬまま、
乾きにまかせて一気に飲み込みました。

予想以上に炭酸の抜けたコーラ、
というよりただの砂糖水。
ノドの期待に答えられなかったこの虚しさは
言葉にならぬ後悔と変な顔を作ります。






syoseki_baner
irasuto
senba_baner