2013年10月

おじさんの組み立て方 アメブロ版 


帰宅への電車内です。わかりやすい天然パーマのおじさんがむづかしい顔をしてスマフォをいじっております。何を見てるのか(ゲームをしてるのか)はわかりませんが、とにかく必死の形相です。そして次の瞬間スマフォを目から離し、天を見上げだしました。顔面がミケンのしわで埋まったような世にも恐ろしい表情で歯を食いしばっております。食いしばる歯は、まっ黄色でその顔のヒドイことヒドイこと、もうゾンビそのもの。何があったか知りませんが私もおじさんである以上、普段から身なり等のチェックは習慣づけようとその時つくづく思いました。オヤジの振り見て我が振り直せ、です。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

おじさんの組み立て方 アメブロ版 -おにぎり

昼下がりの電車、近頃では珍しく、けたたましい着信音が鳴りだした。乗客の視線は一斉に音の鳴る方へ、そこにはドア越しに立つ非常に地味な出で立ちのオッサン。「いま電車の中だから」と言いつつも話し続ける。そしてわからないのがドアに向かって話せばいいようなものの、なぜかドアを背に、車内に向かって電話してる。やはりオッサンになると、どこかの機能がズレはじめてくるのだろう。電話が済んでしばらくしてオッサンを見ると、今度はおにぎりを食べはじめていた。ラップに包まれた昆布のおにぎり、そして一口食べては胸ポケットから塩のボトル(百均にありそうなヤツ)を出して、かけながら食べてる。食べ終わるとマイボトルをペンでもさすようにポケットに戻していた。そしてもちろんドアを背にしたオッサン公演状態。その行動はマナーとして非常に恥ずかしいものであり、訳もわからない。が、そんなオッサンに巡り会えて、ちょっぴり嬉しかったりもしました。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

おじさんの組み立て方 アメブロ版 -inose


むかし「朝まで生テレビ」に出てる頃の猪瀬直樹さんはノンフィクション作家としてアウトローな男っぽさを醸し出していましたが、久しぶりに見た彼は劇団四季の役者さんのようでした。人は変わっていく動物なんですね。目指せライオンキング!東京オリンピック開催おめでとうございます。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

$どっとのブログ

静寂の中、車内を切り裂くようなおやじのクシャミ。あの耳の奥にまで響くハイトーンはどこから発しているのだろうか。できるなら手をあてるくらいのエチケットを身につけてほしい。ましてやクシャミ直後の「へ~」とか「ほ~」だの「い~」を聞くと、もう人間の域を超えた生き物のように見える。今度Nスペで特集組んでもらえないかな。

本日よりよろしくお願いいたします!
不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

↑このページのトップへ