2013年11月

$おじさんの組み立て方 アメブロ版 


駅構内のトイレの前にでこんな表示が立ててありました。こういった公共での、ちょっとしたサインでも日本はなんとデリカシーのある国だと思います。ただ目線を変えてみますと、「お気をつけてご利用ください」とは何に気をつければよいのか?まあ分からないではありませんが、逆にこれを見た変な傾向のあるおじさんが用もないのにトイレに入らないかとちょっと心配もします。考え過ぎでしょうか。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

$おじさんの組み立て方 アメブロ版 


駅への道すがら気づくと前に歩くおじさんが奇妙な格好をします。一定の間隔で気味の悪い動きを始めるのです。もしその格好のままいきなり振り向かれでもしたらかなり怖いです。夜だったら悲鳴をあげて逃げるでしょう。たぶん何かの練習でもしているのでしょうが人目のつくところでは断じてやめてもらいたいっ!もうひとつ、おじさんのショルダーバッグがはち切れんばかりにパンパンで、なぜかそれがより一層の恐怖心を呼び起こしてくれました。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

$おじさんの組み立て方 アメブロ版 


こちらも電車内の風景です。(電車内はいつもオモシロおじさんの宝庫です)一見すると大学教授のような風貌のおじさんですがよく見ますと頭髪に分け目がありません。モミアゲもないのです。カツラかなと思ってよく見てみると、なんとコマの糸を巻くようにすき間なく頭頂部から一束の髪を巻きつけてあるんです。それはそれはうまくカモフラージュしてありますが、どうしても巻いたすき間から不思議な地肌が見えてしまいます。でもこの方は絶対にバレてないと思って毎日の特殊メイクに時間をかけているのでしょう。誰か言ってあげる人はいないのかなぁ。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

$おじさんの組み立て方 アメブロ版 


ハンチング帽をかぶりましたおじさん、席に座りトースターみたいなカバンから取り出したのは、今では珍しいあのポータブルCDプレーヤーでした。おじさんはヘッドフォンをかけ、再生ボタンを押し、さあ聞く態勢です。ところが音が鳴らないのか、スイッチをいじったりジャックの接続の確認などをしております。次にプレーヤーのフタを開けたところでおじさん、ガッカリとした表情に変わりました。たぶんCDが中に入っていなかったのでしょう。そこまで落ち込むかってくらいの悲しい顔をしております。おじさんはもう半泣きべそ状態でトースターの中をごそごそと探しはじめましたが、ないようでした。もう可哀想でわたしも自分のバックの中でも探したいくらいでした。その時の表情をみなさんにお見せできないのが残念でありません。

不思議なおじさんたちはココにいる!
おじさんの組み立て方←検索
http://pop.dotworks1.net

↑このページのトップへ