2016年10月

nazono_ouenka

家の隣が小学校で、
運動会の当日は朝から音楽と声援でにぎやかです。
そして毎年必ず聞こえて来るあの歌、
何の種目で使われているか知りませんが、
「チェッチェッコリン♪ チェッチェッコリン♪」と
おまじないのような意味不明の歌。
もう10年以上にわたり同じ歌を聞かされ、
運動会が終わったあとも、しばらくは頭の中から
「チェッチェッコリン♪」は離れず、
いつどこにいても無意識に口ずさんでしまいます。
このクセになる歌詞とメロディ、
だいたい「チェッチェッコリン」って何なんだ。
今に人前でも挨拶のように歌ってしまいそうです。

恐るべし洗脳力。
そろそろ選曲を考えてほしい。


※それともう1曲、F1のテーマ曲。あれももう変えていいと思う。





syoseki_baner
waha_baner
pixta
stanp2
stanp1




 

itunomani_kimiha

こういうおじさんにかぎって電車に乗り込むと、
今度は席にわずかなスキマを探しだし、
どこであろうと座れる、
魔法のケツを向けて来ます。





syoseki_baner

pixta

senba_baner




 

yamiyono_amai

週末にお客さんのところで、打ち合わせ後も話し込んでしまい、
日の暮れた歓楽街の呼び込みを、すり抜けるように
足早に帰宅の駅へ向かいます。
駅に近づくと、メロンを売ってる軽トラが投光器に怪しく照らされ、
見るとそこには顔面血だらけの40代後半でしょうか、
ビジネスマンが体をフラフラさせ、
平然とメロンの試食をしてるんです。
「んっ、いける」などと親指を立てながら、
自分の今の状況を分かっているのでしょうか。
売る方のオヤジもオヤジで、何を心配する風でもなく、次々と試食をさせ、
血だらけのカモを甘い口上と鋭い眼光で商魂丸出しです。

雑踏の異様な光景に
カオスな一コマを見た気がしました。

あのおじさん、高価なメロンを何個買わされたんだろう。
そして顔面血だらけで「おみやげだぞー」って家に帰ったのかな。
いや、まず救急病院だよな、メロン持って。 






syoseki_baner

pixta



 

futa

同僚と3人でランチの後
ホットコーヒーを買って戻ろうと、コンビニに入ります。

カップにコーヒーを入れ、先に店を出た同僚に追いつこうと
私はちょっとあわて、
コーヒーのフタを付け忘れて店を出てしまいました。

あの飲み口が開閉できるフタ。
デザイン性にも優れたオシャレなフタ。
アレが付いてないだけで、
どんなに見た目に差がつくか、
スタイリッシュでできるビジネスマンと
片やサービスエリアの疲れたオヤジか
尿検査でカップを持たされたオヤジです。
これほどの違いがフタの有り無しで生じるのです。

何であれ、
世の中にフタほど重要で
欠かせない物はありません。 






pixta

syoseki_baner

stanp2

stanp1

senba_baner






 

bag_closure

毎朝食は皆が出払った後にひとりでとります。
朝食と言っても食パンを一枚焼くだけですが。

パンの袋をとめてるヤツを外すと
一枚取り出し、トースターに入れます。
んで、またとめるヤツで袋を閉じようとするのですが、
このとめるヤツ。
バッグ・クロージャーと言うそうですが、
こいつがいつも無くなるんです。
今ここに置いといたのに。
閉じようとすると、なんで無い。

あいつら絶対どこかに逃げてんだろ。
名前からして特殊な訓練受けてそうだし。
走るの早そうだし、そうとしか思えない。
目の離せないヤツらです。 





syoseki_baner

senba_baner








 

↑このページのトップへ