kounaien


食事中によく下唇を噛みます。
育ちが悪いのか下唇が出てるのか
半端無く思いきり噛みます。
涙と流血の中、それでも食事は止めようとしません。

それで一番困るのは、何日か後にできる口内炎です。
歯形通りにできた口内炎は熱に過敏となり、
熱いお茶などが患部に触れた日には、
梅干しを3個いっぺんに食べた時のような形相になります。
(3個いっぺんに食べたことはありませんが)

人間というものは、どんな習慣からでも〝学習〟と〝工夫〟を重ね、
今では熱いものでも口内炎を避けて飲める技術も習得しました。
(イラストはその成果の姿です)

しかし今このブログを書き終えて思うのは、
もっと他に〝学習〟と〝工夫〟を重ねなきゃいけないことが沢山あるはずです。