Categoryおばさんの組み立て方

ドリーマー
前にも登場した
フリーランスのインテリアデザイナー&ドリーマーの女性。
彼女との仕事もひと段落がつき、
クライアントも交え、ランチでもとレストランに向かいます。
(ちなみに男性3人、ドリーマー1人)
みんなが本日のランチを注文するなか、
彼女はクラブサンドなるものを注文。
(別に何でもかまわないのだが)

ドリーマーはランチを待つ間、
“おにぎり”と“おむすび”の違いを、
セミナー講師のようにしゃべりまくるのですが、
男性陣はその話題に乗れることは無く、
ただただ黙って聞いています。

そしてランチが揃い、いただき始めると
彼女はサンドイッチをつまみながら
「わたしってサンドイッチは縦で食べる方なんですよね」

縦でも横でも好きに食ってほしい。
ひたすらに自分のスタイルに酔える、
彼女こそドリーマーの肩書きにふさわしい
いちいち面倒なおばちゃんでした。 






syoseki_baner
irasuto
senba_baner

 

オフィス街の悪夢

オフィス街のビルの物陰で
自撮りをしてる女性。(40代半ばくらいかな)
サイボーグのような満面の笑顔も不気味なのですが、
顔を撮るのになぜそこまで全身で表現するのだろうか。
オフィス街に潜む妖怪はマジで怖かった。 





syoseki_baner
irasuto
senba_baner






 

 ドリーマー
新規の仕事で初顔合わせとなった
40代半ばでしょうか、
とにかくしゃべりっぱなしの
フリーのインテリア関係の女性です。
名刺を交換しますと肩書きが、
インテリアデザイナー&ドリーマー。

ドリーマーって。

この“ドリーマー”には触れず、
淡々と仕事を進めて行こうと思った私です。







syoseki_baner
irasuto
senba_baner

 

ゲスラ

前に座るオバさまは
大股パンツ全開で少女コミックを読んでます。
オバさまの容姿を有名人で例えれば
ウルトラマンに出演してた海獣ゲスラ。(人じゃなかった)
ゲスラのそんな光景には興味も趣味もないはずの私、
しかしスマホを見つつも気になってしょうがない。
頭から離れず、どうしても目が行ってしまう。
なぜなんだ。
恐るべしゲスラのパンツ。






syoseki_baner
irasuto
senba_baner

 

↑このページのトップへ