Categoryおじさん

激しく〝ふるふる〟おじさん

取引先での打ち合わせ、
まわりでもたくさんの人たちが打ち合わせをしてるフロアです。
私と同年代のお得意様のNさんは、
最近になりガラケーからスマホに変えたそうで
「何をどうしていいのか、目と頭が痛いですよ」と
そう言いながらもちょっと嬉しそう。

打ち合わせを終えるとNさんは
「LINEで友だちになりましょうよ」と
おもむろに立ち上がるとスマホを突き出します。
私もあわてて立ち上がり〝ふるふる〟の設定をし、
Nさんは私を見つめたまま小声で「せーのっ」と言うと、
スマホをこれでもかというくらい激しく振り始めました。
私もNさんが振リ終えるまで振りつづけ、
フロア中の視線と失笑を買い占めてひと仕事終了です。
だいたいなぜ立ち上がらなきゃいけないのか。

私は帰りの電車の中で早速Nさんに
「先ほどはありがとうございました」とラインを送ります。
5日たっても既読になりません。 





syoseki_baner
irasuto
senba_baner



 

速報1
肥満気味の補佐人(弁護士)の態度が
クソナマイキだった。






速報2
午前の証人喚問を終えたあと
誰かに叱られたのでしょうか。
午後の証人喚問では
ずいぶん態度が良くなっていた肥満気味の補佐人。 












syoseki_baner
irasuto
senba_baner


ローズの香り

お得意様での打ち合わせ、
いつもの小さな会議室に通されると、
いつもの陽気なおじさんが現れます。
「どもどもどもども」と
席に着くなり、私の顔をなめるかのように近づけ、
「ローズの匂いしません?」
そのひとことに思いきり匂いを嗅いでしまった私。

体からローズの香りが発散されるという飴を
なめてきたと言ってますが、
ぜったいそれは加齢臭を発散させる飴だろ。

オマエは仁丹でも頬張ってろ。






 syoseki_baner
irasuto
senba_baner

朝の君の余韻
カミさんがソファーに携帯を置き忘れ
職場に出かけてしまいました。
気づいた私は早く知らせなきゃと
カミさんの携帯に連絡しようとしています・・・

50代も後半となり
年々こういうことが多くなってる気がする。
ヤバいよなぁ。 





syoseki_baner
irasuto
senba_baner

 

↑このページのトップへ