Categoryおじさん

老眼が進むと、
弁当に付いてるソースの袋の切り口がよく見えません。
そんな時は勘で四方八方をひねってみます。
切り口に当たる時もありますが、
だいたいは開けることができません。

開けられないと、ムカついてきます。
ムキになり、力づくで開けようとします。
しかしそんな力こそ、とうに失われている自分に気がつきます。

ため息とやるせない気持ちで、
老眼鏡を取りに席を立ちます。

席に戻り、老眼鏡をかけて見ると
たいがいは、力づくで開けようとした
ほんの数ミリのところに、切れ込みがあったりします。
そして力づくで開けようとした箇所には、
むなしい努力の跡が残ります。


「いただきます・・・。」



↓最新版はココで楽しんで!
↓おじさんの組み立て方
http://pop.dotworks1.net



孫のおねだりを聞いてあげるのはよいのですが、普段からパソコンを使わないじいちゃんは、何をしているのかチンプンカンプン。ただキャシュカードの番号を教えるだけで、じいちゃんの役割は終わり、あとはモノが届くのを待つだけ。昔のように孫に手を引っ張られ、二人笑顔で近所のおもちゃ屋さんに行く光景はもうなくなりました。

↓最新版はココで楽しんで!
↓おじさんの組み立て方
http://pop.dotworks1.net



yahooの知恵袋を見ているこのおじさん、自分がまだ薄毛だと思っているらしい。

↓最新版はココで楽しんで!
↓おじさんの組み立て方
http://pop.dotworks1.net



枕が臭う、部屋が臭う、体が臭うって、毎日風呂にも入ってるのに、何この言われようは!ということで、加齢臭対策としてボディーローションを買ってきました。ココナッツ系の甘い匂いが気にいったのですが、これがまた家族から不評で、クサイ、クサイといわれます。でもせっかく買ったのだから明くる日に、頬と首に付けて出勤。ラッシュアワーも過ぎた電車の椅子に座り、しばらくすると隣の女性が鼻を手で覆っています。完全に私が原因です。放つ臭いはもうどうしようもなく、気まずく時は過ぎます。女性はそっぽを向き、あからさまに鼻をガード。でもちょっと大げさだろ、と思っているとその女性、もうダメだと言わんばかりに席を立ち、隣の車両へと消えて行ったのです。まるで自分の人格が嫌悪されたかのようで、私も一刻も早くこの場から去りたい気分でした。体臭があるからエチケットとしてローションをつければ、結局それは迷惑につながり、おじさんは何をしても切ないばかりです。

↓最新版はココで楽しんで!
↓おじさんの組み立て方
http://pop.dotworks1.net

↑このページのトップへ